( 2014.01.24 )

   ……


 ソチ五輪フィギュアスケート女子で悲願の金メダルを狙う浅田真央( 23=中京大 )に思わぬ騒動が発生した。 20日に放送されたNHKの報道番組 「クローズアップ現代」 が ドーピング問題 を特集し、番組で真央ら冬季五輪代表選手の映像が使用されたのだ。 内容が内容だけに、視聴者から 「なぜ現役選手の映像を使うのか」 などといったクレームがNHKに殺到。 唯一、ひと目で本人と分かる映像を流された真央サイドもNHKに抗議してカンカンだ。
 番組は 「“見えない” ドーピング 攻防の最前線」 と題し、スポーツ界にいまだに根強く残るドーピングの最新事情を取り上げた。
 クリーンに戦う現役選手にとっては最も関連づけられたくないテーマだが、番組内では冬季五輪代表選手らの映像が登場。 特に真央は明らかに顔も姿も本人と分かる映像が流れた。
 問題の核心に迫る場面ではなくスポーツそのものの 「イメージ映像」 だったが、視聴者から 「印象操作ではないか」 「配慮がなさすぎる」 という批判がインターネット上で沸騰。 NHKへの抗議も殺到した。
 放送後、同番組ホームページ( HP )には 「この番組の中で、ソチオリンピックが近づいていることを紹介するために、オリンピックに出場する選手の映像を使用しました。 番組では、スポーツ界のドーピング問題を取り上げましたが、これらの選手は、ドーピング問題とは全く関係ありません」 との注意書きが加えられたが、依然として波紋が広がっている。

 22日、NHK広報局に問い合わせたところ、視聴者からどれだけの批判を受けたかについては 「集計していません。 少ないか多いかについても取りまとめていませんので」 と詳細を明かさなかった。 HPに注意書きを加えた理由については 「選手の所属先から連絡があったため、そういう対応を取ったと番組担当者から聞いています」 と説明。 映像を使用された選手への配慮だという。
 イメージ映像だとしても、自らの映像が流れたアスリートは決して心地よくないだろう。 しかも番組の本来のテーマは、 メジャーリーガーのアレックス・ロドリゲス内野手( 38=ヤンキース )や自転車競技の金メダリストらの薬物問題 などがきっかけとなっているだけに、納得いかない視聴者が多かったようだ。
 特に、ひと目で当人と分かる扱われ方をした真央は 「好きなスポーツ選手」 の各種ランキングで常にトップをキープする “超ベビーフェース”。 イメージを汚された …… と感じるファンがいたとみられる。
 真央サイドもこれには不快感。 多かれ少なかれ誤解を生むような映像の使われ方をされた上、ファンにあらぬ心配をかけたとあって、NHKに抗議したという。
 今後、再放送の予定については 「聞いていません」 ( NHK広報局 )。 真央は現在、ソチ五輪本番に向けて猛練習を積んでいる。
 何とも迷惑な騒動に巻き込まれてしまったが、集大成の五輪に向け、集中モードをキープしてほしいところだ。