( 2014.03.24 )


 STAP細胞発表の天国から一転、論文コピペ騒動で小保方晴子さんの評価は、地の底へ落とされた。 一部では神戸の自宅から外出出来ないほどに本人は身体共に憔悴しきっているという。 STAP細胞の有無についてはまだ 「クロ」 との判定が出たわけではないが、論文コピペ騒動については自ら招いたことであるため、注目が大きかっただけにパッシング自体は仕方がないとも思う。 しかし、論文コピペとは全く関係ない中傷ともとれる記事が見受けられるようになってきた。

 朝日新聞デジタルに 「ウソそうだん室」 というコーナがある。 架空の相談者を設定しされに応えるというものだが、簡単に言うと嘘のニュースを集めた虚構新聞の相談室版だ。 そこにこんな見出しが掲載されていた。

    『小保方さん、 「大人AKB48」 でデビュー( うそ )』

 1時間前にはアクセスできたのだが、現在はアクセスできないため既に削除されてしまったのかもしれない。 ウェブページを保存するサービス、ウェブ魚拓に原文が記録されていた ので、そちらから抜粋する。
 小保方晴子です。 よろしくお願い申し上げます。 ご存じの通り、今私は八方塞がりの状態です。 生き地獄です。 もう全て無くしました。 今後私を雇ってくれる研究所はないでしょう。 理研も解雇という形は取らないまでも、私が自主的に姿を消すことを望んでいるはず。
 この相談者からの締めでは、ゴーストライター問題の新垣さんまで登場する。
 デビュー曲は 「人生切り貼りしちゃえるNO!」。 古い感じで逆に。 大体のイメージはできているので、あとは新垣さんに曲を作って頂ければ、話題性も十分かと。
 さらに、デビュー衣装はもちろんこれでしょと、割烹着姿の小保方さんの写真まで掲載されている。

 論文コピペについては非難されるのは仕方が無い。 しかし、例え 「うそ」 であるにしても、 このような本人が語った架空のお悩み相談で 「笑いもの」 にする必要はあるのだろうか。 例え 「ウソ」 と前置きをしたとしても、 メディアがその影響力を使って 「イジメ」 を先導する必要はあるのだろうか。 炎上させてPVさえ取れれば人の人生などどうでも良いということなのだろうか。 まだ30歳の女性の人生を奪うかもしれないような記事を、なぜ掲載することが出来るのだろうか。





( 2014.03.24 )

  

 理化学研究所の小保方晴子氏( 30 )が歌手デビューする ――。 そんな 「嘘」 コラムが朝日新聞デジタルのサイト内に一時掲載された。
 有名人の架空の悩みを勝手に考え、勝手に回答するという連載コーナー 「ウソうだん室」 の記事で、2014年3月24日に掲載された。 同日中に削除されたが、 「Web魚拓」 などから閲覧できる状態で、ネット上で物議を醸している。




 執筆しているのは、週刊誌やウェブメディア 「サイゾ―ウーマン」 などで執筆しているコラムニストの今井舞氏だ。 旬な有名人の架空の相談に答えるという設定で、過去には、別人作曲問題が騒動になった佐村河内守氏や、なかなかアカデミー賞を獲れないレオナルド・ディカプリオ氏が 「相談」 しに来ている。

 3人目に登場したのが、 「STAP細胞」 論文不正問題の渦中にいる小保方氏だ。 「小保方さん、 『大人AKB48』 で歌手デビュー!( うそ )」 とのタイトルで、記事では割烹着姿の小保方氏の写真を掲載している。 八方塞がり状態の小保方氏が今後の人生を考えたところ、アイドルグループ 「AKB48」 が現在募集している30歳以上の新メンバー 「大人AKB」 企画に応募しようという気になった、という内容で、 「デビュー曲は 『人生切り貼りしちゃえるNO! 』」 「あとは新垣さんに曲を作って頂ければ、話題性も十分かと」 などと自虐ネタを盛り込んでいる。

 これに対し、今井氏はAKB案を 「名案」 と評価し、 「あなたの本当の発見はこれだったのですね」 と毒づく。




 記事が掲載されると、インターネット上では 「これ朝日新聞デジタルに掲載して大丈夫なのか?」 「朝日新聞、どうしちゃったの …」 と困惑する声が相次いだ。 「STAP細胞」 の論文を巡る不正疑惑には、理化学研究所が2項目については不適切な取り扱いがあったと認めているが、悪意を持った改ざん・捏造という見方は否定している。 現在も調査が続いている段階で小保方氏をこのように扱うことに、たとえフィクションだとしても違和感を持った人が少なくないようだ。

 批判が相次いだのか、まもなくして記事は削除された。 現在は 「お探しの記事は見つかりませんでした」 と表示されている。 だが、削除前に 「Web魚拓」 が取られていたため、削除後も多くの目に触れている状況だ。 「これは品性を疑うな。 どんな人生を歩んだらこんなことができる人間になるんだろうか」 「これはゲスいぞ。 小保方問題をおもちゃにするのは目に余る」 など、筆者の今井氏に対する批判に加え、 「朝日がこれを載せちゃうのか … 消すなら載せるな、載せるなら消すな案件」 などと問題視する声もあがっている。

 時事ネタを元にした嘘ニュースを配信しているサイト 「虚構新聞」 の記事と間違える人もいるようで、虚構新聞公式ツイッターアカウントは 「現在お問い合わせいただいているウソうだん室:小保方さん、 『大人AKB48』 で歌手デビュー! は朝日新聞社のコラム記事であり、本紙記事ではありません。 あらかじめご了承ください」 と注意を促している。