Apr. 11, 2009
 インターネットの草創期、多くのテレビ局員たちはこう豪語した。 「ネットは脅威じゃない。 いくら情報を伝えるツールがあっても、核になる取材力はない」 と。 だがいま、その嘲笑が自分たちに跳ね返っている。 図らずも明らかになったのは、彼らの 「取材力」 がまやかしであり、 「電波の独占」 こそが、彼らの力の源泉であったことだ ……。


実態
ノウハウの伝承もなく、エリート意識だけが際限なく膨らんでいく
社員は記者クラブでふんぞり返り、厳しい現場は制作会社に丸投げする 「殿様報道局」

…………………………
視聴者
NHK特番 『テレビの、これから』 を凍り付かせた 「浅野さん」 発言とは?

…………………………
演出
なぜ問題を問われるような報道が止まらないのか
「映像最優先」 と 「善悪二元論」 が視聴者をミスリードする本質的構造だ

…………………………
内情
新聞に抜かれた情報を追いかけ、雑誌を参考に特集作り
新聞、雑誌を見て東奔西走する今どきの “テレビニュース” の作り方

…………………………
タレント化
小林麻耶・麻央姉妹、滝川クリステル、菊川怜 ……
報道の現場も 「見た目が9割」! 「タレントキャスター」 ばかりが続々増殖中

…………………………
公共放送
権力批判はせず、エンタメ化するニュースの裏
政府・与党に媚び、民放に追随するNHKに 「年間2万7480円」 の価値があるか

…………………………
韓国
逮捕者が出ても局内に立てこもり徹底攻勢
「反米反日親北」 なら捏造・偏向なんでもありの韓国テレビ事情

…………………………
CJR特別版
あの 「ラリー・ライブ・キング」 を超えた36歳カンカーウーマンの大人気
皮肉と嘲笑と毒舌で権力を批判する 「サーカスティックなニュース番組」 の隆盛

…………………………
官製放送
「規制三法」 以来のメディア・コントロールに唯々諾々でいいのか
もはや政官の 「介入」 に抵抗すらしなくなったテレビ・ジャーナリズムの 「自殺行為」

…………………………
世紀の悪政
テレビ買い替え補助金でも大キャンペーンでも1000万世帯が 「テレビを見なくなる」 衝撃データ
NHK・総務省の天下り 「地デジマフィア」 が報道番組の息の根を止める